掲示板はいいね!

  • 投稿日:
  • by

家出掲示板で、すんなりと会う約束をした。会うなりエッチ有だよねと上から目線で、言ってみた。俺がそういうと、彼女は顔をあげて、俺の目をまっすぐに見つめた。
俺も彼女の目を見返した。しばらく見つめ合ったあとに、どちらからともなく顔を近づけていった。
唇が、触れ合う。体も寄せ合って、見た目以上にふっくらした家出娘の胸が俺の胸板に押し付けられ、柔らかくつぶれる。
俺は舌を相手の口の中に入れた。一瞬ひくつと彼女の舌がひっこめられたが、やがて俺の想いに応えるように絡ませてきた。
俺は、濃厚なキスが大好きなだ。
それから俺の家に彼女がきた。もちろん泊る気満々だ。これが神待ち初体験だった。密室が俺のモラルの一線を越えさせてしまった。
彼女がいい加減な感じだったので、エッチをする罪悪感が多少は弱まった。俺はもう、行くところまで行ってしまえという気持ちだった。
俺の妻がこのことに気づいている様子はまったくない。俺がネットカフェによく行つているのは知っているが、家出娘をネットで物色しているとは夢にも思ってないでしょう。

235.jpg
とにかく、満たされない生活が一気にパラ色に開けた思いだ。
彼女は俺との関係を始めて以来、あまりセクシーな服を着ることはなくなったようだ。やはり、性的に満たされているからだろう。
今ではすっかり真面目で、清楚で、知的な雰囲気のギャルという感じだ。
しかし俺と2人きりになって地味な服を脱ぎ捨てると、たちまちセックス大好きな淫乱女の本性を現す。そのギャップがなんとも最高だ。
この女のこんな姿を知っているのは俺だけだ。彼女の彼氏すら見たことはあるまい。そう考えると、セックスの快感がどんどん高まって行くのだ。
こんな極上の20代の家出娘と知り合うきっかけを与えてくれたネットの掲示板って本当に最高だ。風俗行っている場合じゃない。
激しい夜が終わって朝が来た。そして、私は、彼女にある提案した。
俺の家で同棲しようと。ここからアルバイトに行けばいいと。そうすれば、彼女の極上ボディーと毎日エッチを楽しめる。
こんな最高なことは無い。彼女は、少し戸惑っていたが、了承した。彼女も毎日泊る所を気にしなくていいので、好都合だったのかもしれない。
それから、毎日俺は彼女との濃厚なエッチに酔いしれた。しかし、不思議なもので、いくらナイスバディーの女とのエッチと言っても毎日だと飽きてくるんです。
美人は、3日で飽きるってやつでしょうか?だんだんどうでもよくなってくるんです。

神待ち家出掲示板というもの

  • 投稿日:
  • by

田舎に住む20歳のフリーターです。父親と2人暮らしです。母親はだいぶ前に家を出ていきました。
一応彼氏がいます。と言っても、関係は、冷え切っていて、もうエッチはありません。そんな状態です。
彼氏は時々家出します。家出掲示板で知り合った人の家に泊めてもらうようです。旅行気分なんですね。人の家に泊まって水商売の女相手に遊んでくるのでしょう。ばればれです。でもやきもちも焼きません。
家出の開放感からか、たいていの子は誘えば、家にきます。お風呂上がりに温かいご飯と地酒でもご馳走してあげれば、みんな喜んでくれます。
お腹が満ちれば次は性欲なのでしようか、そこでちょっと誘惑すれば百発百中でエッチできます。まあ、神待ちもしているようなので、エッチに開放的です。
今回は一番最近関係を持った、ある家出娘のことを話します。
その日、昼過ぎに目が覚めた私は、あれこれ家事をしたり買い物を済ませると、もう夕方の5時くらいになつていました。
田舎は日没が早いので、そろそろ寝場所を求める家出人たちが集まってくる時間です。
アラフォーに入っても、やはり少しでも綺麗に思われたいというのが女心です。といってもほんの薄化粧です。田舍ではあまり厚化粧すると目立ってしまつてしょうがないので。
服はいつもより綺麗め程度の普段着にしておきます。あくまで自然に声をかけるのが肝心です。あまり気張らないほうが、打ちとけやすいのです。
夕闇が迫り出すころ、いよいよ私は近所のキャンプ場へ足を運びました。
とくに観光地でもない田舎なので、利用者もあまりいません。それでも遠目に一人の男の子が木のベンチに腰かけ、缶コ--ヒーを飲んでいるのが見えました。
ゆっくり近づいていくと、その子の風貌がよく見えてきました。黒い顔から真っ白な歯がこぼれました。
家を飛び出して、長い距離をパイクで走ってきたのでしようか、思わず鼻を近づけてクンクンと休臭を嗅いでみたい衝動に駆られそうでした。
よく見ると、細いけれど引き締まった筋肉質の体をしています。思わず、その広い肩幅で抱きすくめられる自分を想像してしまいました。
しばらく世間話をしたあと、タイミングを見計らって私は切り出しました。私の家に今夜止まらないかと・・・。神待ち家出掲示板

家出して親に心配かけてます

  • 投稿日:
  • by

わたしは昔から脆弱なタイプなのに勝ち気で、しょっちゅう家出して母に心配をかけていました。
一人暮らしをしている今、不規則で忙しい暮らしの中に頼りの母もなく...。
一番気を使っているのは食生活と適度な運動です。家出すると栄養状態が悪くなりますね。どうしても。
良質のタンパク質をしっかり取るために鶏のささみや豆腐を積極的に取り入れること、緑黄色野菜を必ず2品は取ること、何かしらの果物を1日1つは取ることを心がけて生活しています。
甘いものが好きなので、どうしても欲しくなってしまいますが、そういうときもお菓子を買うのではなく、できるだけ果物でしのぐようにしています。
おかげで毎朝のお通じも快調、今年はまだ風邪を引くこともなく過ごせています。
また、デスクワークの仕事の中ではついつい運動不足になりがちなので、休憩を取る時には少し外の空気を吸いながら屈伸運動や肩を回すストレッチなどをして、体をほぐしています。
さらに帰宅時もエレベーターをわざと一つ下の階で降りて1階分階段を使って登ったり、残業がなくて時間のある日には少し遠目のスーパーまで歩いて買い物に行くようにしています。
太りやすい年頃といわれる年齢になった今でもダイエットの必要を覚えないのは、こうした日々の努力の賜物かなと思っています。やっぱり家に戻ろうと思います。これから寒くなるし家出はやっぱり駄目ですね。

「お姉やゲイタレント」の魅力と言ったら"悟り"にあるのではないかと思います。
「お姉やゲイタレント」は、時に本能や欲望に忠実な言動をするけれど、
 人間は生物だから、DNAを残したい...っていう本能は必ずあると思うのです。
けれども「お姉やゲイタレント」たちには、それは、自然では叶わぬこと。
おそらく、それも様々な思いから悩んで乗り越えたところに"悟り"を見るから、魅かれるのでしょう。
お釈迦様の仏像って、男性であることを表現したらいけない...って聞いたことがあります。
「お姉やゲイタレント」は、ある意味、性を表現していない存在です。
例えが、乱暴かもしれませんが、お釈迦様に近い"悟り"を持っていると思います。
その中での、俗物的発言は、とてもアンバランスで、人間として危うい感じがします。
そんな、不安定な中、悩んで乗り越えたからこそできる"発言"が、毒舌であっても心地よさを感じるのだと思います。
そして、「お姉やゲイタレント」は、自分の心に素直だったから、その道を歩んでいるところも魅力の一つです。
特に、「世間一般」ではない道を、心のままに歩むことは、恐らく辛いことも多いのでしょうが、
一人泣くこともあったとしても、メディアの前では、それを見せない...
素直に生きていく難しさを、乗り越えている生き様は、素直に生きていく事に躊躇する我々には憧れと尊敬...そして美しさを感じそれが魅力となっているのだと思います。

家出娘

  • 投稿日:
  • by

最近の都会ではすごい数の家出娘がいると思います
なぜこんなにも都会には家出娘が多いのか
そしてどの層に需要があるのかというところが今のところの謎ですね
個人的見解を示させていただきますと家出娘の需要というのはなんといっても都会だから許される見た目のインパクトによるものだと思いますね都会のネットカフェには、は少し変わった人がが多いと私は思います
ですので見た目は女子高生で家出娘というのはそれだけで面白い材料の一つになりえるのではないかと思っています
それに男の気持ちもわかりながら女の気持ちもわかるという点ではある意味普通の男、女よりはいろんな男性向けの女性ではないのでしょうか
現在の家出娘は世論に対してズバズバと正論を言うという点でも現在の世の中、ある意味斬新かつ新鮮味があるような気がします
個人的な見解ではありますが家出娘の人気はこれからもどんどん上がって行くでしょうね。

神待ち娘とデート

  • 投稿日:
  • by

私が最初で最後の神待ち娘とのドライブデートを楽しんだのはもう何十年前でしょうか?
その頃の私はまだ若くて20代後半。東京の会社が本社の地元の観光ホテルの開業準備に仕事に携わっていました。
かよちゃんとはその頃職場の同僚として知り合い、いつも彼女がいるセクションに通っては冗談を言って笑わせていました。
当時の私はバツイチになったばかり、新しい彼女もいなくてさみしい思いをしていたのです。
そんなある日彼女が私に話しました。
「ねぇ、ホテルの勉強で博多に行きたいけど一緒に行く?」
これはまちがいなく彼女からのデートの誘い!とそう解釈した私は二つ返事でOKし、次の日曜日の約束をしました。
有頂天の私はさっそく車を洗車して、シートカバーも新品にして、ドライブ中に聞くBGMのCDも買って準備ばんたん、その日に備えます。
しかし博多までの行き方と帰り方のチャックを忘れていたのです。
そして当日の朝、待ち合わせの駅の駐車場に私が行くと、彼女はすでに待っていてくれました。
博多に行く時は高速道路の乗り口は、田舎の町なので一ヶ所だけ、まよう事はありませんでしたが、博多の街を神待ち娘と楽しんだ後の帰りが問題でした。
博多の中心街には都市高速の乗り口がいっぱいあって田舎者の私は、どこから乗っていいか解りません。
結局、迷いに迷って帰ってきたのが夜の9時過ぎ、彼女は疲れてとなりで寝ていました。
朝待ち合わせた駐車場に戻り、車を出た彼女が私に言った言葉。「ごめん、疲れたからもう帰るね」
私はその時、嫌われたと思い次の日から彼女がいるセクションには行かなくなってしまいました。
それから数年後、私は東京の本社の命令で大阪に転勤。神待ち娘とはそれっきりです。
ところが昨年の1月、ひさしぶりに故郷の田舎の新年会に出席した時のこと。
たまたま同じ新年会に出席していた、当時かよちゃんの親友だった女性が私に近づいてきてこう言いました。
「あなた、彼女にさよならもいわなかったでしょう。彼女あなたとの結婚を真剣に考えていたのよ。もう別の人と結婚しちゃったけどね」いまさら言われても・・・人の縁とはむつかしく、不思議なものです。家出掲示板がきっかけの出会いでした。